本文へスキップ

Hayashi Lab.

TOP > Publications > Journals

PAGE TOP

学術雑誌論文(査読付き)/Journal Papers(refereed)

23papers
著者タイトル雑誌名ページ
2018Hayashi, Y. The power of a "Maverick" in collaborative problem solving: An experimental investigation of individual perspective taking within a groupCognitive Science42S169–104
2018Hayashi, Y. Multiple Pedagogical Conversational Agents to Support Learner-Learner Collaborative Learning: Effects of Splitting Suggestion TypesCognitive Systems Researchin press00–0
2018Rienovita, E. Taniguchi, M. Kawahara, M. Hayashi, Y. Takeuchi, Y.Implementation of Interactive Peer Learning Environment Enhances Learners' Self-Esteem and Self-EfficacyInternational Journal of Learning Technologies and Learning Environments111–24
2018林勇吾 知識統合型の協同学習における身体性を持つ教育エージェント:眼球運動測定を用いた助言と視線ジェスチャに関する実験的検討ヒューマンインタフェース学会論文誌20179–88
2017林勇吾 信頼構築プロセスが協同問題解決の視点取得に及ぼす影響:エージェントを利用した実験的検討人工知能学会論文誌324E-G91_1–9
2016黄宏軒 澁澤紗優美 林勇吾 川越恭二 傾聴エージェントの実現に向けた傾聴会話参加者の自他評価による数値化モデルの提案ヒューマンインタフェース学会論文誌184373–384
2016Hayashi, Y. Lexical Network Analysis on an Online Explanation Task: Effects of Affect and Embodiment of a Pedagogical AgentIEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE99-D61455–1461
2015林勇吾 井上智雄 複数の教育用会話エージェントによる協同学習のデザイン電子情報通信学会論文誌AJ98-A176–84
2014林勇吾 エージェントベースの協同に関する実験的検討認知科学213382–395
2014林勇吾 創造的思考活動の促進のためのインタフェースエージェント-相手人数とメディアの要因に着目した検討-電子情報通信学会論文誌AJ97-A6443–452
2014林勇吾 Dual-Channel Modelに基づく対話エージェントを利用した協同による説明活動の促進方法電子情報通信学会論文誌DJ97-D117–27
2013Hayashi, Y. Facilitating Perspective Taking in Groups: An Analysis Using Multiple Conversational AgentsInternational Journal of Software Science and Computational Intelligence (IJSSCI)511–14
2013林勇吾 浦尾彰 対話エージェントを利用したWeb学習における感情状態の研究:性別要因に着目した検討ヒューマンインタフェース学会論文誌153209–218
2013Hayashi, Y. Kryssanov, V. An empirical investigation of similarity-driven trust dynamics in social networksProcedia - Social and Behavioral Sciences (selecti79627–37
2013林勇吾 小川均 Pedagogical Conversational Agentを用いた協同学習の促進-感情表出に着目した検討-電子情報通信学会論文誌DJ96-D170–80
2012林勇吾 小川均 多人数に基づく協同問題解決に関する実験的研究のためのプラットフォーム開発知能と情報244848–856
2012Hayashi, Y. Kryssanov, V. Ogawa, H. An experimental study on multiple conversational agents for facilitating creative interpretationsComputer Human Interaction of ICIC Express Letters6123009–3014
2012林勇吾 Cooper, E. Kryssanov, V. 浦尾彰 小川均対話エージェントとのコミュニケーションにおける心理特性日本感性工学会論文誌113459–467
2012浦尾彰 林勇吾 青木駿介 伊藤慎太郎 マルチメディア学習理論に基づく電子教材の開発と評価高専教育35095–100
2011林勇吾 三輪和久 コミュニケーション齟齬における他者視点の理解認知科学184569–584
2011浦尾彰 伊藤慎太郎 青木駿介 林勇吾 熟逹度の違いが例題学習の効果に及ぼす影響工学教育59686–90
2008林勇吾 三輪和久 人間とエージェントが混在する状況におけるコミュニケーションの認知的・感情的心理特性ヒューマンインタフェース学会論文誌104445–456
2007林勇吾 三輪和久 森田純哉  異なる視点に基づく協同問題解決に関する実験的検討認知科学144604–619






Cognitive Science &

Human Computer Interaction


College of Comprehensive Psychology, 

Ritsumeikan University
2-150 Iwakura-cho, Ibaraki, Osaka, 567-8570, Japan