本文へスキップ

Hayashi Lab.

研究内容の紹介/About Our Reserch

本研究室の大きなミッションは,人間の心の働きを認知科学的に検討することと,その知見を応用して人間と情報システムのインタフェースのデザインを考えることです.ここでの研究アプローチは,(1)人の認知・行動を実験室で実験し,(2)その知見をコンピュータ上でも動作するようにモデル化します.そして,(3)モデルをベースにして情報システムを開発し,その利用と評価を通じてシステムのデザインや人間とのインタフェースを総合的に検討しています.これまで独自に開発してきた情報システムには,擬人化会話エージェントと呼ばれる人工知能のチャットシステムやwebベースの学習支援システムなどがあります.また,分析方法も多様であり,言語(発話)データや視線の分析(眼球運動測定),感情状態の分析(表情,脈拍,瞳孔),計算機シミュレーションを行ってきました. 以下のリンク先に研究室で行ってきた代表的な研究を紹介します.

 

√ 認知科学/Cognitive Science
♠ 協同問題解決/Collaboration

♠ コミュニケーション/Communication

♠ 計算機シミュレーション/Computer Simulation

√ ヒューマンインタフェース/Human Computer Interaction
♣ 学習支援システム/Intelligent Tutoring System

♠ 創造性支援/Supporting Creativity

♣ 擬人化エージェント・ロボット/HAI(Human Agent Interaction)

♣ 法と人工知能/Law and Artificial Intelligence 




Cognitive Science &

Human Computer Interaction


College of Comprehensive Psychology, 

Ritsumeikan University
2-150 Iwakura-cho, Ibaraki, Osaka, 567-8570, Japan