本文へスキップ

Hayashi Lab.

TOP > Publications > Domestic

PAGE TOP

国内学会・研究会論文(査読なし)/Domestic papers(non-refereed)

著者タイトル会議名ページ開催地
2017星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 対話エージェントに対する人間の言語選択: 単語の種類と感情状態に着目した実験的検討HAIシンポジウム2007発表論文集P43_1–4金沢
2017星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 エージェントとの会話におけるトップダウン処理とボトムアップ処理:眼球運動と印象評価に着目した実験的検討日本認知科学会第34回大会発表論文集 38–45金沢
2017若林宏輔 林 勇吾 意思決定支援システムは裁判において有効な指標になりうるか?電子情報通信学会技術研究報告, 117(30)55–58沖縄
2017星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 身体性を有するエージェントとのコミュニケショにおけ言語選択電子情報通信学会技術研究報告,116(436)71–76福岡
2016北村文乃 林勇吾 エージェントの内部状態の推論における心理・感情状態に関する実験的検討HAIシンポジウム2016発表論文集(USB)P-18–0東京
2016谷口政志 河原正人 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 協調学習を用いたスキル学習における承認欲求の向上に関する実験的検討日本認知科学会第33回大会発表論文集10–19札幌
2016北村文乃 林勇吾 擬人化エージェントとのインタラクションを促進する要因:デフォルメ度の操作と脈拍を用いた実験的検討日本認知科学会第33回大会発表論文集853–859札幌
2015Rienovita, E. 谷口政志 河原正人 竹内勇剛 林勇吾 自主的なプログラミングスキル習得環境の提案日本認知科学会第32回大会発表論文集534–540千葉
2015谷口政志 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 承認欲求をトリガーとした協調学習環境の設計とスキル習得課題への応用ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集1039–1046函館
2015河原正人 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 学習者間のインタラクション向上のためのエージェントの使用と学習効果の検証ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集507–512函館
2015Rienovita, E. 谷口政志 河原正人 林勇吾 竹内勇剛 承認欲求による学習者間の相互的な学習活動の向上ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集323–326函館
2014松原正樹 松井淑恵 林勇吾 聴覚刺激を用いた異なる視点に基づく協同問題解決に関する実験的検討日本認知科学会第31回大会発表論文集698–704名古屋
2014御代田 彰 村松慶一 林勇吾 松居辰則 電子部品設計における知識共有のためのCHARMモデルの構築人工知能学会第70回先進的学習科学と工学研究会資料23–29太宰府
2014佐々木孝輔 林勇吾 井上智雄 テキストチャットによるペアプログラミング学習システム:学習者同士のインタラクションに着目した検討情報処理学会研究報告, HCI2014-157-531–8東京
2014林勇吾 複数のペダゴジカルエージェントを用いたグループベースの協同学習支援に関する実験的検討電子情報通信学会技術研究報告,HCS2013-113-46233–38加賀
2013澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 聴き手の非言語行動と印象評価の考察-高齢者を対象とした傾聴エージェントに向けて-電子情報通信学会技術研究報告,HCS2013-113-18545–50京都
2013松井隆幸 寺井仁 三輪和久 林勇吾 多数派と少数派の他者視点理解に関する実験的検討人工知能学会第67回先進的学習科学と工学研究会資料41–46高知
2013澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 傾聴時における対話者の気分と態度の関係の分析:高齢者を対象とした傾聴エージェントに向けて電子情報通信学会技術研究報告,HCS2012-112-412125–129高知
2012澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 ラポールを誘発する会話エージェントの言動の検討HAIシンポジウム2012発表論文集(USB)1A-1–0京都
2012松井隆幸 林勇吾 三輪和久 寺井仁 問題解決状況における多数派と少数派のコミュニケーション過程電子情報通信学会技術研究報告, HCS2012-112-5813–18草津
2012阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットにおけるパーソナリティの効用情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 5ZA-6 –0名古屋
2012林勇吾 小川均 An experimental study of Pedagogical Conversational Agents for collaborative learning電子情報通信学会技術研究報告, HCS2011-55-6437–40名古屋
2011阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットPaPeRoによる人間らしさの表出HAIシンポジウム2011発表論文集(USB)1A-4-L–0京都
2011林勇吾 三輪和久 Victor V. Kryssanov 小川均 対話エージェントを用いた集団による協同問題解決の支援に関する研究日本認知科学会第27回大会発表論文集(CD-ROM)P2-25–0東京
2011阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットに対する人間らしさの帰属の要因日本認知科学会第27回大会発表論文集(CD-ROM)1-26–0東京
2011HOANG LE VAN 林勇吾 小川均 適応的環境を提供するパーソナルアシスタント情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM)1W-4–0東京
2011野村篤史 林勇吾 小川均 スマートフォンを用いた屋内における避難誘導エージェント情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM)5Y-5–0東京
2011阪本綾香 林勇吾 小川均 しりとりにおけるロボットに対する人間らしさの帰属情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM)1ZB-7 –0東京
2011免田哲矢 Victor V. Kryssanov 林勇吾 小川均 Twitterを用いたリアルタイム情報収集による観光地情報推薦システム情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM)3ZE-9–0東京
2011前東晃礼 三輪和久 寺井仁 小島一晃 森田純哉 林勇吾 自動化システムの利用におけるMisuse/Disuseの実験的検討情報処理学会研究報告,HCI2011-141-6(CD-ROM)1-8–0大阪
2010林勇吾 Victor V. Kryssanov 小川均 対話エージェントとのコミュニケーションにおける事前知識と擬人化に関する検討HAIシンポジウム2010発表論文集(USB)2A-2–0横浜
2010林勇吾 山崎治 三輪和久 思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集CD-ROM)193-200–0草津
2010田島見佑 林勇吾 小川均 避難誘導のためのマルチモーダルインタフェースヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM)949–952草津
2010近藤大祐 山門和幸 小川均 林勇吾 個人の使用状況に対応したパネル作成ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM)157–160草津
2010外嵜一登 林勇吾 小川均 ユビキタス環境を自由に移動するロボットエージェントヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM)895–900草津
2010林勇吾 山崎治 三輪和久 大規模調査に基づく思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討日本認知科学会第26回大会発表論文集(CD-ROM)P3–0神戸
2010林勇吾 山崎治 三輪和久 大規模調査に基づく思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討人工知能学会第57回先進的学習科学と工学研究会資料51–58加賀
2010山崎治 三輪和久 林勇吾 田村昌彦 協調学習支援を目指した自己他者統合評価システム人工知能学会第57回先進的学習科学と工学研究会資料109–114加賀
2009林勇吾 三輪和久 異なる視点に基づく協同問題解決におけるGroundingに関する検討日本認知科学会第26回大会発表論文集(CD-ROM)P1-7–0横浜
2008林勇吾 三輪和久 人間とエージェントが混在する状況におけるコミュニケーションの心理特性日本認知科学会第25回大会発表論文集 174–179京都
2007林勇吾 三輪和久 浦尾彰 人間と人間,人間と対話エージェントとの相互作用に関する実験的検討の1考察HAIシンポジウム2007発表論文集(USB) 1E-1–0横浜
2007林勇吾 三輪和久 浦尾彰 人間と対話エージェントとの相互作用に関する実験的研究ヒューマンインターフェースシンポジウム2007論文集1069–1072東京
2007林勇吾 三輪和久 浦尾彰 対話エージェントを用いた異なる視点に基づく相互作用の研究日本認知科学会第24回大会発表論文集210–211東京
2006Hayashi, Y. Miwa, K. Morita, J.   Perspectives in Distributed CollaborationProceedings of the Fourth Symposium on Intelligent Media Integration for Social Information Infrastructure115–116名古屋
2006林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点による分散共同問題解決に関する実験的検討日本認知科学会第23回大会発表論文集164–169名古屋
2006林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点に基づいた協同問題解決過程:発話プロトコル分析による検討人工知能学会第20回全国大会発表論文集(CD-ROM)3E1-4–0東京
2005林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点に立った協同問題解決と情報共有過程:発話プロトコル分析による検討電子情報通信学会技術研究報告, HIP2005-105-479143–148仙台







Cognitive Science &

Human Computer Interaction


College of Comprehensive Psychology, 

Ritsumeikan University
2-150 Iwakura-cho, Ibaraki, Osaka, 567-8570, Japan